リメイクアニメ

コーニッシュ

こんにちは、最近昔のアニメがリメイクされて映画になったりアニメ・ゲームになったりと多いと思いませんか?最近の分かりやすいのだとマジンガーZとかですかね?

どうして新規アニメで無く、昔のアニメが多いのでしょうか、

アニメファンの高齢化が一つあると思います。昔の人は根強いファンも多いので制作側も新規作成より昔のアニメをリメイクしやすいのでしょう。昔のアニメなら新規と違い世界観とか設定とか考える時間や手間も違うでしょうし、アニメを見てた世代が制作側になってるとか色々あると思います( 一一)

個人的には昔の映像が今の技術で蘇るのって感動です、マジンガーZかっこいいわ~って思ったりもします。最近だとドラゴンボール超とかヤマトとか?その他いっぱいありますが・・

新規よりリメイクが受け入れやすい又はリスクが少ないのはわかるのですが、下手したらそのうち、飽きられたり、昔の方が良かったなぁ~とかデメリットもあると思うんですよね~。

実際私は、そう思う作品があったりします( 一一)(その作品(キャラクター)にいつまでしがみついてるんだよ・・・)って感じです名前は出せませんけどね・・

(※上記は大勢いる中の1人の考えです。意見あると思いますが許してね(^^))

リメイクブームなだけかもしれませんが、頑張って新規で惹かれる作品も今後の為に頑張って欲しいなと思います( *´艸`)

 

成人式

コーニッシュ

1月8日(月)今日は成人の日ですね

成人の日とは「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨としていると説明があります。

さて毎年ニュースで放送される成人式で暴れたり迷惑行為をする方々がいたりするわけですが、あーいう頭悪いのを見てると、そこまでして県、自治体などが金をだして祝う意味あるの?とか思ったりもするわけですが、、バカの為に中止にすると真面目な人が可哀そうだし・・とも思うわけで

ただ、TVも悪いと思うんですよね~映りたい目立ちたいという輩もいるわけで映像流す必要ないんですよね、映像流すの止めたら悪ノリする人も少ながらず減ると思うんですよ、事実流さないことで減ってきてるという話ですし(※最近の子が真面目なのかもしれないですけど)

と、まぁそういう話もありますが、少し話それました( 一一)

それでは、あらためて・・・

新成人の皆様、ご成人おめでとうございます。

玉光湯ひじりのねは皆様のご来店、心よりおまちしております!(^^)!

笑ってはいけないのに笑うのは何故??

コーニッシュ

年末の番組で恒例となった「ガキの使い 笑ってはいないけシリーズ」

昨日 補完版としてTVで夜放送をされてて視聴してた時、ふと思ったのですが、何で笑ってはいけない場面だと、いつもは笑わないような事で笑ってしまうのでしょうか( 一一)

少し調べてみました、違ったらごめんなさい( 一一)

心理学で「失笑恐怖症」というものがあるそうです。『絶対に笑ってはいけない』という緊張感やストレスがピークに達すると、それをやわらげようと自然に笑いがこみ上げてくる症状だそうです。そういったストレスから逃れるために『笑う』ことで身体と心をゆるめる、いわゆる自己防衛反応のようなものだということで、

なるほど・・と ガキ使は笑うとケツバット(または強烈なタイキック等もありますが・・・)があります。笑う=ケツバット これは緊張やストレスに該当するでしょうし、しかも予め「笑ってはいけない」と決まりがある空間ですからね、、、

実に良く出来た番組だな~と思います。だから長続きしてるのでしょうけどね( 一一)

面白い番組は、どんどん増えていってほしいですね( *´艸`)

ハマり

コーニッシュ

早いことでお正月も終わりましたね、皆さんはどう過ごしましたか?

さて、私は正月早々から以前ブログにも載せたWeb小説の異世界系にハマっております( 一一)

1回目にハマったのは「転生したらスライムだった件」 2回目は「無職転生~異世界行ったら本気だす」にハマり、今現在は「盾の勇者の成り上がり」にハマっております。

他の作品もアニメ等で知ってたりしますが、小説・・面白いですね、小説で笑うとか・・久しぶりです( 一一)

気が向いた方がいたら、是非読んでほしいですね。

そして正月に「君の名は」がTV放送されて、初めて視聴しました(だいぶ遅れてますが、、)

感想は面白かったです。最後は個人的にイマイチでしたが・・総合で言うなら面白い作品でした。

あのような面白い作品をどんどん放送して欲しいですね( 一一)

今日は何の日?

コーニッシュ

1月2日は「初夢の日」

なぜ1月2日が「初夢の日」なのかというと、1月2日の夜に見る夢を「初夢」と言うことが由来なのですが、

しかし、1月1日の日の夜に見るのが初夢、12月31日の大晦日の日に見る夢が初夢など色々な考えがありますが、実は初夢は節分から立春にかけてみる夢の事です

現在の暦では1月1日が新年と考えられていますが、昔では立春を迎えることで新年を迎えると考えられていたらしいです。
その後、暦上で1月1日の元日を新年と考えられるようになった際に「12月31日~1月1日」「1月1日~1月2日」「1月2日~1月3日」に見る夢が初夢だと、3つの説が誕生し

書き初めや商売などが1月2日に始まるなど、江戸後期には1月2日の夜に見る夢が初夢だとなったそうです。

2018年 初夢は良い夢を見たいですね。

明けましておめでとうございます

コーニッシュ

明けましておめでとうございます。

本年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

なお1日~3日の間 1日先着50名様の福袋販売をしております。

中身は入浴招待券10枚(有効期限3月末) 花づかし食事券5千円分(有効期限3月末) 入浴関連グッズが入った物が、5000円と大変お得に販売となります。

1月は誕生日特典(当日限定)があります。特典内容は当日入浴無料・ポイント5P・ソフトドリンク券1枚・入浴招待券1枚(有効期限1か月)が貰えちゃいます!(※誕生日の証明できる物が必要となります。)

今年も色々やっていきます、本年も皆様の来店心よりお待ちしております。

 

もうすぐクリスマス

コーニッシュ

もうすぐクリスマスですね、プレゼント等は皆さんはどうしてますか?

お子様のいる家庭では任天堂スイッチをねだられて品薄で困ってる方もいるのではないでしょうか

私もプレゼント何も用意できていません(;’∀’)

クリスマスにプレゼントを渡すサンタさん、子供の頃は嬉しい存在ですが、大人になると。。。

と、嘆いてもしょうがないのですが1年に1回しか無いイベント、楽しくしていきたいですね、

ひじりのねではクリスマス12月23日~25日の間

小学生以下のお子様に飴玉ゲーム(摑み取りのようなもの)をします。※入浴される方限定

是非クリスマスにお風呂に来て、飴玉を一杯持って帰ってください。

早いもの勝ちです無くなり次第終了します( *´艸`)

12月

コーニッシュ

12月に入り今年も残り半月、皆さんは何をしますか?

イルミネーション(ライトアップ)やクリスマス、大掃除、と色々ありますね。

私は近場でライトアップ巡りして、家の大掃除中です、、

ライトアップは青龍殿の夜間開放ライトアップ、二条城のアクアリウム、嵐山の花灯路と久しぶりに行ってまいりました。

あとは家の大掃除を出来れば頑張りたいところですが、クリスマス商戦で販売された「龍が如く極2」と「地球防衛軍5」のゲームの誘惑が、、、、大掃除めんどくせ( 一一)

ではでは、皆さん今年も残り半月です、頑張りましょう

お待たせしました

コーニッシュ

12月に入り、最近はめっきり寒くなってきましたね。

只今、玉光湯 ひじりのね 伏見店では、11月の特売日に販売いたしました、「回数券ナンバーズ」の抽選発表をしております。

還元際の特賞は「USJ」のペア入場券です。

是非、ご来館いただき抽選の結果をご覧くださいませ。

ちなみに、はずれはありません!!

11月の特売日に回数券を購入いただいた皆さんに、「何か」が当たります!!

漢字ってすごい

コーニッシュ

結構前で皆さん知ってて有名と思いますが最近ふと思い出したので書こうと思います。

芸能人のゴルゴ松本さんがボランティアで少年院等で漢字を使った講義をおこなっているのはご存じですか?内容が説得力がありためになるので、ここで少し紹介したいと思います

「働く」・・ある少年が楽な仕事でお金持ちになりたいと答えた時のゴルゴさんの回答は、働くは「にんべん」に「動く」と書きます。はたらくには「らく」と言う文字が入っています。しかしこの「らく」は自分が楽するものではありません。はた・らく=傍・楽なのです。意味は「自分が一生懸命働けば周りの家族や自分の傍らの人を楽にさせてあげることが出来るよ」と言う意味なのです。なので楽な仕事は無いしお金持ちになるには強い心が必要だと語ったそうです。

「命」・・命は人を一叩き(ひとたたき)と書きます。これは殴ったり蹴ったり人を痛めつけることでは無く、生まれた瞬間その時から今も叩き続けている心臓。心臓の一叩きの連続が命です。その命を命がけで産んでくれたのがお母さんであり女性です。女性は命の始まりです。「女」が土「台」となり「始」まりとなる。だから男は女の人を大事にしないといけない。

そして人生は「苦」「困」「災」に「難」を付けると「苦難・困難・災難」となり、こういう事が起こると不幸だと考えてしまうが、むしろ難を経験した事の無い人は「難の無い人生」=「無難な人生」となります。大変な事があるからこそ人間は学んでいけます。そして「無難」の反対「有難」=有難うとなり、「難が有る人だからこそ周囲に「有り難う」と感謝する気持ちが養われると話されています。

母親が子供を産んだ時「生まれてきてくれてありがとう」とは苦難困難を乗り越えてきた女性だからこそ出てくる言葉なのかもしれませんね

常日頃から周囲に感謝できるというのは人生で多くの困難を乗り越えてきた証なのかもしれません。皆さんも「ありがとう」が言える人生にしていきましょう