ワードウルフ

コーニッシュ

久しぶりの投稿はゲーム話(*‘ω‘ *)

皆さん「ワードウルフ」ってご存知ですか?

ワード「単語」+ウルフ「狼」 単語を使った人狼のようなゲームです。簡単にいうと「仲間はずれを探すゲーム」ですね

参加者全員が、ある単語を与えられます。この単語は全員共通ですが、一人だけ、違う単語を与えられます(例えば、1人が探偵 残りの人が警察)。違う単語を与えられた人が「ワードウルフ」になります。

そして、全員が与えられた単語について会話をします。ワードウルフは一人だけ単語が異なっているので、僅かなズレが生じてきます。

このズレを見抜いて参加者が最後にワードウルフと思う人に指を指し特定できれば勝ち、バレずに逃げ切れば、ワードウルフが勝ちです。

多少ルールにもバリエーションがあり、例えばワードウルフがバレても最後にウルフが他の人に与えられた単語を当てる事が出来ればウルフの勝ち等、色々あるそうです。

単語が決まると会話を始める訳ですが、大抵の場合第一声が一番難しいです。

あまりにも核心的なことを言い過ぎると、いきなり死ぬ(自分がワードウルフだとバレる)

無難なところから探り始めることが多いでしょう。

A君探偵「特定の人の後を追ったりすることもあるよね?」

その他警察「そうだね、追ったりすることもあるね」 のような感じならバレずにスタートできます

いきなり、訳の分からない会話をするとおかしくなるので注意ですね

A君探偵「浮気の張り込みとかしたりするよね」

その他警察「しないと思うけど?」 これではA君が単語が違うのがいきなりバレます( ゚Д゚)

フリートークが基本ですが、会話をしない人もいるかもしれませんので、ターン制で一言は発するルールとかもあります。

自分がワードウルフかどうかを、素早く判断する

とにかく一番大事なのはこれです。自分がワードウルフかもしれない時は、上手く周りに合わせながら多数派のワードを探ります。

自分がワードウルフだと感じたなら、情報をぶっこんではいけません。とにかく「どうとでも取れる言葉をそれっぽく」発言するのが基本です。

このゲーム、思った以上に盛り上がる

スマホアプリでワードウルフがあると思いますので、皆さん一度お試しください。